このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。

 デザートヒルズ・プレミアムアウトレット (情報:2005.01.まで、記述:2005.04.02.updated)

更新日:April 2, 2005 
トップページ > フォトエッセイ目次 > デザートヒルズ・プレミアムアウトレット
2003.07. デザートヒルズ・プレミアムアウトレット

★ プレミアムアウトレットによる公式サイト(日本語)は、 こちら(デザートヒルズ、英語)です。


LAからドライブでちょうどいい距離

ロサンゼルスに宿泊しているなら、 レンタカーを借りてフリーウェイを東に走り、アウトレットを目指そう!

巨大なアウトレットセンター Desert Hills Premium Outlets で、約130のショップが待っている!

日本でも、御殿場プレミアムアウトレット、佐野プレミアムアウトレット、 りんくうプレミアムアウトレットを始め、鳥栖、土岐でも運営を行っているが、 本場は広さと品数が違う! (国内は佐野しか行ったことはありませんが…)

買い物には興味がない?

使えるお金がないならあえてオススメしないけれど、 どうせたいしたことないだろうな〜、と思うだけなら、行く価値あり!!

【広告】

アメリカドライブの基本情報が載っています。 多くは日本の交通ルールと似ていますが、赤信号での右折可能ルール、セルフ式給油、日本にはない STOPサイン、 色分けされた路上駐車ルール、スクールバスに出会ったら? など、事前に情報を集めておくには、このようなガイドを読む以外にはありません。

ダウンタウンは回避したい

今ロサンゼルス国際空港(LAX)の近くにいるとしましょう。 全日程レンタカー使用の場合、渋滞のひどいエリアにいると、 日本への帰りの便が比較的早い時間に出るため、空港に着くのが遅れがち。 私も渋滞に巻き込まれて、乗りそびれるかと思ったぐらいギリギリになったこともあるけど、 そのときはシンガポール航空の係員のおかげで、なんとかなりました。よかった。

最終的にはインターステート10(I-10)EAST に乗って Palm Springs(パーム・スプリングス) 方面に向かいたいので、 じゃあ、I-405 NORTH に乗って、I-10 EAST に乗り換えれば簡単、 と思えるけれども、ちょっと待った!

I-10 とI-405 の分岐点周辺はものすごく混む、 いやそれ以上に Los Angeles ダウンダウンを通る I-10 は、車線変更もできないほど混むので、回避すべき! それに、じゃあ混むけど I-10 乗りっぱなしだから簡単か、というと実はそうでもなく、ダウンタウン周辺での分岐には細心の注意も必要。 興味を持って体験するのもいいけど、そうじゃないなら回避すべき。

I-405 SOUTH から、すぐに I-105 EAST、そして I-605 NORTH のように抜けるとか。 記憶では、I-105 は電車を見ながら走るいい道、そして I-605 はトラックの隙間を縫う、感覚的に狭い道だったような(日本の道とは違うけどね)。

I-605 から I-10 に乗れるので、EAST に乗りましょう。

あとは快適なドライブを!

I-10 EAST に乗るまで約1時間。

ここからは分岐もないので、I-10 EAST をず〜っと走りましょう。 しばらくして I-15 と交差するその直前に、オンタリオミルズというアウトレット? ショッピングセンターがあり、ガイドブックにも紹介されてたりしますが、そこは小さい(と思う)ので、通り過ぎましょう。 いや、降りたことないので、もしかしたら素晴らしいかもしれないけれど、 データ上、頑張ってデザートヒルズまでたどり着くほうがいいと思うのです。

さらに走ると街をいくつかすぎます。 さすがに街の近くではちょっと混雑するものの、渋滞というほどにはならないので、全体的には快適です。 街を抜け、線路沿いを走ると超なが〜い貨物列車と併走したりできて楽しい。 フリーウェイの脇にショップの看板が見え始めると、もう近い・・・というほどスグに着かないけど、 Fields Rd.(フィールズ・ロード)を見つけて降りる。 出口が少ないので、間違って見落とすことはないでしょう。

あとは、前の車を追って行くと自然に到着。 近いし矢印もあるし、そもそも他にほとんど何もないので、迷うこともありません。

やっと到着・・・というように、まずここまででも、 「アウトレット付きドライブ」と考えれば、 まったく何の苦もなく到着です。 2時間半ぐらいはみておいたほうがいいけどね。

中央のゲート
中央のゲートを挟み2つにわかれている

広いので効率的に

到着したら配置を確認。

大きく分けて2箇所にわかれており、1つは1本道の両側にショップが並ぶスタイル、もう1つはループしている形。 中央のゲートにインフォメーションセンターがあり、フードコートが中央にあるので、 休憩するならまず中央部分に。

ショップは約130もあるので、全部を見るのは無理

よさそうなモノがあってもすぐ決めず、じっくり時間をかけて悩まず、ショップ名と場所を覚えて(記憶力に自信がない場合はメモして) 次々先に進まないとタイムアップになってしまうほどの広さ! 歩きやすい靴じゃないと、すぐにフードコード行きに?! あるいはフードコードまで戻れずにベンチで休むことに?!

空気もいいし、景色もいいので、 ベンチでスムージーでも飲みながら、ゆったり過ごしたい

景色もいい
空を見上げる

いつも時間切れ

日程の都合もあって、CompUSA や Office Depot のようなショップをLAで見てから出てくると、到着するのは大抵午後。 平日は午後8時までなので、だいたい時間が足りずに最後は駆け足で回ることになるのですが、 でも絶対にフードコードには寄りたい、ドリンク必要、休憩も必要。 できるなら丸1日スケジュールに入れて、 のんびり過ごしたいところだが、そうもいかず…。

はずせないショップといえば、アウトドアグッズのティンバーランド、 各種ブランド品が並ぶオフ・フィフス(サックス・フィフス・アベニューのアウトレット版)、 カジュアルウェアのトミー・ヒルフィガー、アン・テイラー、カルバン・クライン、 靴ならロックポート、スケッチャーズ、コーチ、ヨーロッパもののフェラガモ、ウォーターフォード・ウェッジウッド、 キッチングッズのル・グルメシェフ(食品もある)、あと music for a song、 ビタミンワールドと、はずせないショップだけでもこんなに!

投売り状態
フェンディのバッグが山と積まれていた

帰るときはより安全に

結局、買い物するつもりがなくても、あるいはあんまり買い物しなくても、かなり疲れます

天気が良いので目も乾くし、たくさん歩いてフードコートで好きなもの食べて、おいしいドリンク飲んで、時期によっては午後8時でもそんなに暗くない。 でも帰らなくてはなりません。 トイレに寄って、出発しましょう!

帰りは混雑も少なく快適なドライブになりますが、そのぶん景色もあまり見えず(暗いところは本当に暗い)単調な運転になりがち。 眠くなるのも仕方なし、です。 どこかで思い切って休憩を取らなくては! でも調べてないし、どこで降りてみようか迷う! と思っているうちに、街らしき出口を過ぎると、またしばらくは街の明かりがなかったりして。 でも休んだほうがいいと思いますよ、休みましょうよ。

あるとき適当に降りたところには、ちょうどスターバックス・コーヒーがあり、安心して休憩。 よかった〜。地元の警官もパトカーで乗り付けてて、アメリカらしい気軽な雰囲気を体感・・・あるいは危険地帯!?

気をつけたいのは、フリーウェイを降りてからの道順を記憶すること。 つい店探しに集中しちゃうと、フリーウェイに乗りなおすのに、どっちに出ようかな、なんてことになりがち。 街を外れると本当にいきなり暗いので、店を後にする前に確認を。

【広告】

グラミー賞候補作品を収録したアルバム。 CDプレーヤー付きの車をレンタルして(中型車以上なら付いてるけど念のためレンタカー会社にリクエストして) 街で聴こえる人気の曲を聞きながらドライブ!

情報:2005 年 3 月まで、記述:2005 年 3 月
▲ このページのトップ  ● フォトエッセイ目次



Renewed on September 26, 2009, originally created on January 31, 1997.
Copyright ©  1997-2019 MasaHisamura.com 無断転載を禁じます。No reproduction without permission.