このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。

 Opus One (2003) (情報 October 2003)

更新日:February 24, 2007 
トップページ > フォトエッセイ目次 > Opus One (2003)
Opus One, California's Premium Wine 480x360

今でこそカリフォルニアには多くのスーパープレミアムワインがありますが、これが元祖。 でも個人的にはセカンドラベル「オーバーチャー」が(価格的な面を含め)好きです。 なかなか手に入りませんが。ワイナリーでも売り切れれば終了なので、秋のリリース時期?を狙わないと。 以前、東京駅地下街で見かけましたが、今はもうないようだし、日本に来た時点で価格が高騰するようなので、現地で欲しい!!

オーパスワン以外の情報は、 フォトエッセイ・メインページも見てね!! カリフォルニア関連を中心に、いろいろな情報を書いてます。


元祖プレミアムワイン

ブームになっては去る、ワイン。

最近はスペインやチリ、オーストラリアなどの「新世界ワイン」も質を上げ、選択の幅が広がってきたものの、 いまだに人気のあるワインは高値で扱われている。

California(カリフォルニア)でも有名銘柄が増え、 「そのうちの1つ」になりつつある(値段的にもそうなりつつある)のが、 オーパスワンgo outだ。

Parking Lot and Limo 240x180
駐車場にリムジンで乗り付ける人たちも!

テイスティング・ルームへ

San Francisco(サンフランシスコ)から Bay Bridge(ベイブリッジ)経由で北へ約1時間、 Napa(ナパ)に入ってしばらくハイウェイ29号を北上すると、 Oakville(オークビル)の街に入り、右手に見えてくる大きなゲート。 Winery(ワイナリー)の建物は道路沿いにないので、スピードを上げすぎると見逃しそう。 早めのブレーキングで、事故などを起こさないように特に心がけて。

駐車場に車をとめ、旅行ガイドなどでおなじみの建物に入ると・・・。

いや、もう何度も訪問しているので、建物には入りません。 Tasting Room(テイスティング・ルーム)は外から直接アクセスできる部屋にあるのです。

Modern Winery
ガイドブック等ですっかり有名になった外観

年々価格が上がっていますが…

まずはテイスティング。

今回は、1998、1999、2000 年の3種類の Opus One が試飲可能でした。 今までは最新のものだけだったような。 Opus One は36ヶ月以上の熟成なので、この時点での最新は 2000 年のもの。

1998 年は年初に道路が封鎖されるほどの大雨があり、そのぶん夏の雨が少なく、密度の高いぶどうが取れ・・・ 能書き的なものは、ワイン本や雑誌を読むほうが確実ですね。 というわけでそのへんは省略。 1998 はすでにテイスティングしたことがあったので、1999 と 2000 年にチャレンジ!

最近は無料テイスティングのワイナリーは減りつつあり、少しづつ料金を取るけれど、ここは激しい! グラス1杯、$25。 普通のワインならすでに2本ぐらい買える値段。 今回は2杯注文したので、$50。約 5,500 円。本当に高い。

ワイナリーでの商売がメジャーになってきた今、 無料テイスティングさせると飲んで騒いで買わない人たち(ツアーできた日本人団体など!) に荒らされちゃうから仕方ないし、グラスをおみやげに持ち帰れるところもあるから、そんなに悪い気もしないけれど。 Stag's Leap(スタッグスリープ)とか、Silver Oak(シルバーオーク)とか。

グラスを持ち、景色のいい屋上へ移動。 Oakville(オークビル=地名)のぶどう畑を眺めながら、テースティング。 1999 年はまあまあ、2000 年はかなり軽め。 ミレニアムの年号付きだけど、買う気がしないなぁ。

Overture がお買い得?

"Opus One"とは、「第1楽章」。 Robert Modavi(ロバート・モンダヴィ)と・・・ というような話もネットでいくらでも調べられるので割愛して、ここでは現地の情報を。

"Opus One" 品質に満たないぶどうで作ったセカンドラベル「オーバーチャー」は、 $30 ぐらいで買えるので、専門家でもない我々にはちょうどいい。 市場には流通していないので、ここでしか買えない!

Opus One は $150 ぐらいします。 かつては $100 ぐらいでも買えたんだけどな〜。

でも日本で買えば3万円以上はするから、結局 Opus One のほうがトクかも!?

Vineyard - Grapes
敷地内にあるぶどう畑には実がついていました

と思っていたら、2004 年 10 月、東京駅の地下街で、なんと Overture を発見! 値段は 15,000 円強。高すぎる!! ほぼ同時期、ネットで Opus One (2000) が 22,000 円強で売られているのを発見。 デパートなどでは3万円以上なので、激安! う〜ん、Overture の利益率が高すぎるけど、事情を知らない人に売りつける、 いや失礼、Overture をぜひ飲んで見たい人に売ってあげるのは、いいですね。


情報:2003 年 10 月、記述:2004 年 7 月
更新:2007 年 2 月



Renewed on September 26, 2009, originally created on January 31, 1997.
Copyright ©  1997-2019 MasaHisamura.com 無断転載を禁じます。No reproduction without permission.